イキシアはアヤメ科の秋植え球根で、別名ヤリズイセンと呼ばれています。切り花としても使えるので家庭で育てるととても重宝する花です。

そんなイキシアの育て方や気をつけたいポイントについて、この記事でご説明します。

イキシアの特徴について

イキシアは草丈が40m〜60cmほどで、茎や葉が細く鋭い形をしています。

弓のような細い茎の先に、穂状にに3〜4cmほどの花をいくつも咲かせます。花色は豊富で、赤・黄色・ピンク・白などがあります。

原産国は南アフリカで、畑に自生しているような植物なので暑さや寒さに強く丈夫です。

スポンサーリンク

イキシアの育て方スケジュール

イキシアは春の時期の3月から5月が開花時期です。

秋植え球根なので植え付けは夏がすぎ気温が低くなった10月以降に行います。

植え付け 10月〜11月
開花 3月〜5月

イキシアがよく育つ土の性質

イキシアは酸性土壌を嫌い、水はけの良い土を好みます。

地植えの場合は植え付ける2週間前に苦土石灰を混ぜておき、そのあと腐葉土を混ぜて通気性をよくしてください。

鉢植えなどに自分で土を作る場合は、赤玉土7:腐葉土3の基本的な配合の培養土を作りましょう。

イキシアに必要な肥料

イキシアは苗を植え付ける時に、元肥として緩効性肥料を土に混ぜておきます。

生育期間中は月に2回ほど液肥を与えてください。

イキシアを植える時のポイント

球根を植える時

イキシアの球根を植える時は3cmほどの深さで土を掘り植え付けていきます。

地植えの場合は10cm間隔で植え付け、鉢植えの場合は5号鉢に5株程度が目安です。

イキシアを育てるのに適した場所

イキシアは日当たりの良い場所で育てます。

冬は地植えの場合は株元にワラや腐葉土でマルチングをしておくと、寒さ対策になります。

イキシアの水やりの頻度

植え付け直後はしっかり水やりをしてください。

地植えの場合

地植えの場合、植え付け直後の水やりが終われば基本的に水やりは不要です。

プランター・植木鉢の場合

プランターや植木鉢の場合は土が乾燥しやすくなっているので、土の表面が乾いているのを確認してからしっかり水やりをしてください。

支柱をすると倒れにくくなる

イキシアは細い茎が長く伸びるので、生育期に支柱をしておくと雨や風で倒れにくくなります。

支柱がなくてもしっかり育ちますが、雨風の強い場所では支柱をしておくと安心です。

イキシアの花後の管理

まず花が咲き終わったら、花茎の根元で切って葉だけを残します。

そして地上部が枯れる6月ごろに球根を掘り上げてください。

球根を掘り上げたら葉や根を切り、乾燥させてから涼しいところで秋まで保管します。

イキシアは初心者の方にもおすすめの花!

イキシアは暑さ寒さにも強く、花色も豊富で切り花としても楽しめるので、ガーデニング初心者の方にもおすすめの球根植物です。

一度球根を購入すれば何年も楽しめるので、ぜひ一度イキシアを育ててみてはいかがでしょうか。

2018年5月8日 花の育て方