マロウはアオイ科の多年草で、別名ではハイマロウ、ウズベニアオイと呼ばれています。

花や葉はハーブとして食べることもできますし、ハーブティーやポプリに使われています。

そんなマロウの育て方や気をつけたいポイントについて、この記事でご説明します。

マロウの特徴について

マロウは草丈が高く、品種によっては2m近くまで育ちます。多年草ですが、数年経つと枯れることが多いので定期的に株を更新する必要があります。

花は少し模様の入った花びらが多く、大きさは5cmほど。細い枝の先につけるハスの葉のように広がった葉の形も特徴的です。

またブルーマロウ(コモンマロウ)という品種で作ったハーブティーは青い色のお茶ができますが、レモンを加えると青からピンクに色が変わるという面白い変化があるのでぜひ試してみてください。

スポンサーリンク

マロウの育て方スケジュール

マロウは種まきと植え付けは春か秋の涼しい時期に行います。

開花は夏なので、葉や花の収穫も夏の時期に行います。

種まき 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
植え付け 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
収穫 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

マロウがよく育つ土の性質

マロウは酸性の土を嫌い、水はけの良い肥えた土を好みます。

地植えの場合

地植えの場合は2週間前に苦土石灰を混ぜて酸度を中和します。

数日そのまま寝かせたら、腐葉土と堆肥を混ぜて土質を改善します。

鉢植えの場合

自分で土を作る場合は、赤玉土6:腐葉土2:堆肥2の配合の培養土を作りましょう。

ひとつまみ程度の苦土石灰も混ぜておきます。

マロウに必要な肥料

マロウは苗を植え付ける時に、元肥として緩効性肥料を土に混ぜておきます。

追肥は春と秋に同じ緩効性肥料を1度ずつまいておけば大丈夫です。

マロウの基本的な育て方

マロウの基本的な育て方

マロウの発芽温度

15度〜20度

マロウの種まき

マロウは移植を嫌う植物なので、直まきかポットまきで育てるのが一番簡単です。

直播きは植えたい場所に種を点まきします。指で軽く穴を作って数粒ずつ入れて、土を軽くかぶせます。発芽したら丈夫なものだけを残して育ててください。

ポットまきの場合は、直まきと同じように種まきをして、各ポットに1つ芽を残すようにしてください。本葉が増えて、根が張ってきたら定植させます。

苗の植え付け、間隔

ポット苗を植える時は、地植えの場合は最低でも50cmほどはあけておきましょう。大きくなる植物なのでスペースを必要とします。

また根鉢は崩さずに、根を傷つけないように植えることが大切です。

水やりの頻度

地植えの場合は基本的に水やりは必要ありませんが、夏の時期に開花や生育がよくなるので、水切れしない程度に補助的に水やりをしてください。

鉢植えの場合は土の表面が乾いていたら水やりをします。暑い時期は朝と夕方の2回水やりをしたほうが水切れしにくいです。

冬は地上部分は枯れてしまうことが多いですが、土が乾燥しない程度に控えめに水やりをします。

支柱立て

草丈が高くなる植物なので、生育途中で支柱を立てて茎が倒れないようにしましょう。

摘心

あまり大きく育てたくない時は、ある程度育ったら茎の先端を切って摘心しておくと成長を抑えることができます。

花がら摘み

咲き終わった花はこまめに摘み取ったほうが株が弱りにくいです。

ハーブとしての収穫もかねて、まだ花がきれいなうちに摘み取るのもおすすめです。

剪定・切り戻し

風通しをよくするために、株が大きくなって込み入ってきたら茎を部分的に切って剪定をします。

冬は地上部分が枯れるので、株元から10cm〜20cmぐらいのところで短く切り戻します。また、寒さ対策のためにワラや腐葉土でマルチングをしておくと冬越ししやすいです。

マロウを育てるのに適した場所

マロウは日当たりと風通しの良い場所で育ててください。

日当たりが悪くても育たないことはないですが、成長が遅くなったり花付きが悪くなります。

マロウの収穫

マロウの花は枯れる前に早めに収穫して、ハーブティーとして使うことができます。日陰で数日乾燥させてから使用します。

葉はまだやわらかい若い葉を収穫すれば、生でもサラダとしておいしく食べられますよ。

収穫は夏の時期なので、午前中の涼しい時間帯にしましょう。

マロウの株の増やし方

マロウは何年も育てていると、徐々に葉が小さくなったり花数が減ったりするので、定期的に株を新しくしましょう。

マロウの株を増やす時は、株分けか挿し木で増やすことができます。

株分けは春か秋の時期に、株を掘り起こして土をよく落としてから根元からハサミで適度な大きさに切り分けてください。

挿し木も同じ時期に、まだ元気で太い茎を10cmほどの長さに切り、湿らせた赤玉土やバーミキュライトなど清潔な土に挿して乾燥しないように管理すると根が出るので、また新しい株として育てることができます。

マロウの花でおいしいハーブティーを楽しもう

マロウは株も大きく、葉や花も存在感があるので地植え向きの植物です。

ブルーマロウからできる青い色のハーブティーはちょっと珍しいと思いますが、フルーティーな味わいでおいしいのでぜひ育てて花を収穫してみてくださいね。

2018年6月5日 ハーブの育て方