レモングラスはイネ科の多年草で、別名メリッサグラス、コウスイガヤと呼ばれています。

レモングラスはあまりハーブを知らない方でも名前を聞いたことがある有名なハーブの一種だと思います。料理やハーブティー、入浴剤などハーブとして色々な使い方ができるので重宝する植物ですよ。

そんなレモングラスの育て方や気をつけたいポイントについて、この記事でご説明します。

レモングラスの特徴について

レモングラスは稲のように長く鋭い葉を伸ばして育ち、大きくなると草丈は1mを超えるほどになります。

シトラールというレモンと同じ成分があるので、レモンに似た爽やかな香りが特徴です。

熱帯地域が原産なので暑さや湿気には強いですが、逆に冬の寒さには弱いため寒くなると地上部は枯れてしまいます。

レモングラスは寒さ対策をすることが、枯らさずに長く育てるコツです。

スポンサーリンク

レモングラスの育て方スケジュール

レモングラスは日本の環境では花が咲かないことが多く、種の収穫が難しいため市販の種もあまり出回っていません。

そのためレモングラスを育てたい時は、苗を購入して育てるのが一般的です。植え付けは気温が20度以上あればいつでも植え付けができます。

葉の収穫は暑い時期を中心に、生育がよければこまめに刈り取って使います。

種まき 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
植え付け 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
収穫 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

レモングラスがよく育つ土の性質

レモングラスは酸性の土を嫌い、水はけ・水持ちの良い土を好みます。

地植えの場合

植え付けの2週間前に苦土石灰を混ぜて、土の酸度を中和させます。数日置いてなじませたら、腐葉土を混ぜて土質を改善します。

鉢植えの場合

自分で土を作る場合は、赤玉土7:腐葉土3の基本的な配合の培養土を作ります。ひとつまみの苦土石灰も混ぜておきましょう。

レモングラスに必要な肥料

レモングラスは苗を植え付ける時に、元肥として緩効性肥料を土に混ぜておきます。

生育中は2週間に1度液肥を与えます。

レモングラスの基本的な育て方

レモングラスの基本的な育て方

苗の植え付け、間隔

レモングラスはポット苗を購入して育ててください。

レモングラスは葉がよく茂るハーブなので、地植えの場合は間隔は50cmほど広めにとっておきます。

ポット苗を植える時は、よく根が張っている場合は根鉢を軽くほぐしてから植え付けてください。

鉢植えの場合も、1鉢に1株にしましょう。詰め込んで植えると、根詰まりを起こし生育が悪くなります。

水やりの頻度

ある程度湿った環境を好むので、生育の良い暑い時期は特に水切れに注意します。

地植えの場合は雨が降るので、土の乾燥が続くようであれば補助的に水やりをします。

鉢植えの場合は、土の表面が乾いていたらたっぷり水やりをしてください。

剪定・切り戻し

冬になり寒くなると地上部が枯れてくるので、根元近くでばっさり切り戻してください。

レモングラスを育てるのに適した場所

レモングラスは日当たりの良い場所で育てると、丈夫に大きく育ちます。

レモングラスの冬越し

冬は地上部が枯れてくるので短く切り戻し、寒さ対策として株元にワラや腐葉土をかぶせてマルチングをします。

鉢植えの場合は軒下や室内で管理したほうが、冬越しがしやすいです。地植えの場合も冬だけは鉢に植え替えて管理するのもおすすめです。

うまく冬越しができれば、春になるとまた新しい葉が伸びてきます。

レモングラスの収穫

暑い時期は特によく育ち茂ってくるので、どんどん刈り込んで使用できます。

収穫する時はハサミで根元を10cmほど残して切ります。気温の高い生育中であれば、切ったあともまた葉が伸びてきますよ。

たくさん収穫した時はハーブティーにしたり、お風呂に入れて香りを楽しんだりすればうまく消費できます。

レモングラスの植え替え

鉢植えの場合は2〜3年に1度は植え替えをしたほうが根詰まりを防ぎ、丈夫に育ちます。

春以降に気温が高くなった頃が植え替えに適しています。

鉢から取り出したら、土を落としてひとまわり大きな鉢に植え替えてください。根が伸びすぎている時は、先端を軽く切り取っても構いません。

大きくなりすぎた時は、次に紹介する株分けをすると大きさを調整できますよ。

レモングラスの増やし方

レモングラスを増やしたい時や大きくなりすぎた時は、株分けをします。株分けをする時は、まず葉を短く切り戻しておいてください。

植え替えと同じ時期に、掘り起こして土を綺麗に落としたら、ナイフやハサミで根元から適度な大きさに切り分けます。

湿った環境を好むので、切り分けたらすぐに植え直して育ててください。定期的に株分けをしておくと、株を更新できるのでおすすめです。

レモングラスの爽やかな香りを夏に楽しもう

レモンのような爽やかな香りは、夏の暑さを吹き飛ばしてくれそうな魅力があります。

熱帯地方のハーブなので、暖かい地方であれば丈夫でよく育つと思います。色々な用途に使えるハーブなので、ぜひご自宅で育ててレモングラスの良い香りを楽しんでくださいね。

2018年6月7日 ハーブの育て方