レモンバームはシソ科の多年草で、別名メリッサ、バームと呼ばれています。

名前の通りレモンのような爽やかな香りのするハーブで、ハーブティーやサラダなど主に食用として利用されています。

そんなレモンバームの育て方や気をつけたいポイントについて、この記事でご説明します。

レモンバームの特徴について

レモンバームは地中海沿岸のハーブで、草丈は50cmほどまで育ちます。草姿はミントによく似ています。

寒さにも暑さにも強く、地植えでも丈夫でよく育つので初心者でもおすすめのハーブです。

レモンのような香りが特徴ですが、葉にはレモンと同じシトラールという成分が含まれています。

スポンサーリンク

レモンバームの育て方スケジュール

レモンバームの種まき・苗の植え付けは春と秋が適しています。

夏になると小さな白い花を咲かせます。葉の収穫は生育が鈍くなる寒い時期をのぞけばいつでも可能です。

種まき 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
植え付け 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
収穫 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

レモンバームがよく育つ土の性質

レモンバームは酸性の土を嫌い、水はけの良い肥えた土を好みます。ハーブ用の土を購入すれば一番簡単です。

地植えの場合

まず植え付けの2週間前に苦土石灰を混ぜて土の酸度を中和します。

数日寝かせて苦土石灰が土になじんだら、腐葉土と堆肥を混ぜて土の環境を改善します。

鉢植えの場合

自分で土を作る場合は、赤玉土6:腐葉土2:堆肥の基本的な配合の培養土を作りましょう。

地植えほど多くなくて良いので、ひとつまみの苦土石灰も混ぜておきます。

レモンバームに必要な肥料

レモンバームは苗を植え付ける時に、元肥として緩効性肥料を土に混ぜておきます。

気温が高い時期はよく育つので、2週間に1度は液肥を与えます。

冬は有機肥料を与えておくと、春になってからよく育ちます。

レモンバームの基本的な育て方

レモンバームの基本的な育て方

レモンバームの発芽温度

20度前後

レモンバームの種まき

育苗箱やポットに土を入れ、指で穴を作り点まきにして数粒ずつ種を入れます。

発芽したら丈夫なものだけを1つ残し、本葉が2〜3枚になったら定植させます。

苗の植え付け、間隔

一株でも大きくなるので地植えの場合は30cmほど間隔をあけておきましょう。

苗を植え付ける時に、根がよく張っていたら根鉢を軽く崩してから植え付けてください。

水やりの頻度

レモンバームは水を好む植物なので水切れに注意して育てます。

地植えの場合は暑い時期は土の乾燥が続くようであれば、補助的に水やりをしてください。

鉢植えの場合は、土の表面が乾いていたら鉢底から水が流れるくらいたっぷり水やりをします。

摘心

10cm以上の草丈に育ったら、茎の先端を切っておくとわき芽が出て枝葉の数を増やすことができます。

花がら摘み

咲き終わった花はこまめに摘み取ってください。

葉をハーブとして収穫したい時は、花が咲くと葉が固くなるので花をつぼみの段階で摘み取っておきます。

剪定・切り戻し

株が蒸れるのを予防したり形を整えるために、梅雨時期や夏に軽く剪定をするときれいに育ちます。摘心と同じく切ったところから脇芽が増えるので、葉の数も増えるメリットもあります。

レモンバームを育てるのに適した場所

レモンバームは日当たりと風通しの良い場所で育ちます。

半日陰ぐらいの場所でも丈夫によく育ってくれます。

レモンバームの増やし方

レモンバームは挿し木と株分けで増やすことができます。春か秋のあまり気温が高くないときがおすすめです。

挿し木

挿し木は新しい枝を10cmほどの長さに切り、下の方の葉を落とします。

水に1時間ほどつけて吸水させてから、よく湿らせた赤玉土など清潔な土に挿して明るい日陰で管理します。

1ヶ月ほど管理すると、根が出てくるので鉢に植え替えて育ててください。

株分け

大きくなりすぎた株は、株分けをすることで数が増やせます。

掘り上げて土を落としたら、均等な大きさでナイフやハサミで根元を切り分けます。切り分けたら早めに植え直して水をたっぷり与えてください。

鉢植えのレモンバームは定期的に植え替えを

鉢植えのレモンバームは2〜3年に1度は植え替えたほうが、根詰まりを防げます。

植え替えも春や秋の時期がおすすめです。鉢から取り出したら、根鉢を崩して土を落とし、ひとまわり大きな鉢に植え替えます。あまり大きくしたくない場合は、株分けをして大きさを調整しましょう。

爽やかな香りのレモンバームを楽しもう

というわけで、レモンバームの育て方についてでした。

レモンバームは暑さや寒さにも強く、丈夫ですぐに大きくなるので育てやすいハーブです。葉を収穫したい方は、花が咲く前に収穫したほうがより強い香りがします。

ハーブティーにしたり、料理で使ったり、入浴剤にするなど爽やかなレモンバームの香りをぜひ楽しんでみてくださいね。

2018年6月8日 ハーブの育て方