カレープラントはキク科の常緑小低木で、別名エバーラスティングと呼ばれています。名前の通りカレーのような香りがする特徴を持つハーブで、春から夏にかけてよく育ちます。

そんなカレープラントの育て方や気をつけたいポイントについて、この記事でご説明します。

カレープラントの特徴について

カレープラントは地中海沿岸地域が原産の植物で、常緑小低木なので草丈はあまり高くならず60cmほどです。

開花時期になると茎の先に小さな黄色の花を咲かせます。葉がシルバーグレーの色を持つので、草姿だけでもきれいな植物です。

カレーのような香りがするのが特徴ですが、カレーのスパイスに使われているわけではなく、ピクルスなどの香り付けとして利用されています。

乾燥させても見た目が変わらないので、ドライフラワーとしても楽しめますよ。

スポンサーリンク

カレープラントの育て方スケジュール

カレープラントは春に種まき・植え付けを行い、春から秋にかけてが開花期間です。タネから育てることもできますが、苗を購入して育てたほうが簡単です。

よく育つ春から夏にかけての時期であれば、葉や茎はいつでも収穫して構いません。

種まき 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
植え付け 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
収穫 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

カレープラントがよく育つ土の性質

カレープラントは水はけの良い土を好みます。

地植えの場合は植え付ける2週間前に苦土石灰をまいて酸度を中和します。そのあと腐葉土を混ぜて通気性をよくしてください。

鉢植えなどに自分で土を作る場合は、赤玉土7:腐葉土3の基本的な配合の培養土を作り、少量の苦土石灰も混ぜておきましょう。

カレープラントに必要な肥料

カレープラントは肥料を多く与えると生育が悪くなるので、植え付ける時の元肥は必要ありません。

春と秋に1回ずつ固形肥料を与える程度で大丈夫です。

カレープラントの育て方

カレープラントの発芽温度

20度

カレープラントの種まき

赤玉土や種まき用の土にタネをまいたら、薄く土をかぶせ水をたっぷり与え、明るい日陰で管理します。

発芽までは半月ほどかかりますが、芽が出て本葉が増えてきたら定植させます。

カレープラントの苗の植え付け

過湿に弱いので、少し盛り土をして苗の株元が高くなるように植え付けると過湿になりにくいです。

植え付けの間隔

植え付けの間隔は地植えの場合は20cmほどあけておきましょう。1株だけでも横に広がり、過湿を嫌うためスペースをとって風通しをよくしておきます。

摘心

春の生育中に茎の先を切っておくと、わき芽がでて枝数が増えてるのでボリュームが出ます。

カレープラントを育てるのに適した場所

カレープラントは日当たりと風通しの良い場所で育てます。日当たりが悪いところで育てると花付きが悪くなります。

冬の寒さには強いので、地植えでも冬越し可能です。

カレープラントの水やりの頻度

植え付け直後はしっかり水やりをしてください。過湿を嫌うので、乾燥ぎみに育てるのがポイントです。

地植えの場合

地植えの場合、植え付け直後の水やりが終われば基本的に水やりは不要です。

プランター・植木鉢の場合

プランターや植木鉢の場合は土が乾燥しやすくなっているので、土の表面が乾いているのを確認してから水やりをしてください。

カレープラントは根詰まりする前に植え替えを

鉢植えで育てるとどうしても根詰まりを起こすので、2〜3年に1度は植え替えをしましょう。

植え替えをする時は根鉢は崩さずに、一回り大きな鉢に植え替えてください。

地植えの場合は植え替えは必要ありません。

カレープラントは切り戻しを定期的に行う

春から夏にかけては株がよく育ちますが、過湿を嫌うカレープラントは特に梅雨時期は蒸れやすいので、定期的に切り戻しをして株が込みいらないようにしておきます。

梅雨前に大きく切り戻しをする時は、半分ぐらいの長さまでばっさり切って大丈夫です。

カレープラントの収穫は?

春から夏にかけての生育期間であれば、いつでも収穫できます。

花が咲くとどうしても株が弱りがちになるので、葉や茎の収穫を目的とする場合は花は早めに摘み取ったほうが良いです。

ハーブとしては香り付けに使われているカレープラントですが、長く煮込んだり加熱すると苦くなるので注意してくださいね。

カレープラントの増やし方

カレープラントを増やしたい時は挿し木で増やすと簡単です。

春と秋の季節に、若い枝を10cmほどの長さに切って水で湿らせた赤玉土などに挿して管理すると、比較的簡単に根が出てきます。

しっかり根が出てきたのを確認したら、鉢や庭に定植させてください。

カレーの香りがする不思議なハーブ、カレープラントを育ててみよう

葉や茎からカレーのようなスパイシーな香りのする、個性的な特徴を持つカレープラントですがハーブとして利用しなくても、黄色い花をたくさん咲かせる綺麗な植物です。

寒さにも強い上に小低木であまり大きくならない植物なので、地植えでも育てやすいハーブです。ぜひカレープラントを育ててみてはいかがでしょうか。

2018年5月24日 ハーブの育て方