スイートバイオレットはスミレ科の多年草で、別名ニオイスミレと呼ばれています。小さく控えめな見た目ですが、香りが強くハーブとして楽しめるスミレの仲間です。

そんなスイートバイオレットの育て方や気をつけたいポイントについて、この記事でご説明します。

スイートバイオレットの特徴について

スイートバイオレットは草丈は10cm程度と低く、紫色の小さな花を咲かせます。見た目は同じスミレ科のビオラに似ています。

葉はハーブティーとして楽しめますし、花は砂糖漬けにしてお菓子の飾り付けに利用されることが多いです。

水を好む植物なので、水切れに注意しながらこまめに水やりをすることが大切です。

スポンサーリンク

スイートバイオレット(ニオイスミレ)の育て方スケジュール

スイートバイオレットの育て方はビオラやパンジーとサイクルが同じで、秋に種まき・植え付けをして冬から春先にかけて花が咲きます。

葉や茎の収穫は生育がよければ1年中可能ですが、花の収穫は開花期間中のみとなります。

種まき 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
植え付け 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
収穫 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

スイートバイオレットがよく育つ土の性質

スイートバイオレットは肥沃で水もちの良い、少し湿り気のある土を好みます。

地植えの場合は、腐葉土と堆肥を混ぜて水持ちと保肥性を改善します。

鉢植えなどに自分で土を作る場合は、赤玉土6:腐葉土3:堆肥1の配合の培養土を作りましょう。

スイートバイオレットに必要な肥料

スイートバイオレットは苗を植え付ける時に、元肥として緩効性肥料を土に混ぜておきます。

生育期間中の秋から春にかけては、月に10日に1回液肥を与えると花付きがよくなります。

スイートバイオレットの育て方

発芽温度

15度〜20度。秋になり気温が低くなってからが種まきに適しています。

スイートバイオレットの種まき

鉢に土をいれ種まきをしたら、薄く土をかぶせ明るい日陰で管理します。種が小さく細かいので、水やりをする時は霧吹きだと種が流れずにすみます。

発芽して本葉が2枚以上になったら、定植が可能です。もしくは、いったんポットに植え替えて育ててから定植すると管理しやすいです。

スイートバイオレットの苗の植え付け、間隔

草丈が低い分横に広がって育つので、10cm〜15cmほどは間隔をあけて植え付けましょう。

ポット苗を植える時は、根がつまっていたら少し根鉢を崩してから植え付けてください。

スイートバイオレットを育てるのに適した場所

あまり日の当たらない場所でも育ちますが、ひなたで育てたほうが花付きがよくなります。

夏は半日陰の涼しい場所で管理したほうが夏越ししやすいです。多年草ですが開花後の夏は高温多湿のため枯れることも多いので、1年草と割り切って育てるのも良いですね。

冬の寒さには強いですが、株元をワラや腐葉土でマルチングしておくと土が凍るのを防げます。

スイートバイオレットの水やりの頻度

植え付け直後はしっかり水やりをしてください。

地植えの場合

地植えの場合も、土が乾燥しているようであれば午前中の間に水やりを行います。水を好む植物なので、土が乾燥しすぎないようにします。

プランター・植木鉢の場合

プランターや植木鉢の場合は土が乾燥しやすくなっているので、土の表面が乾いているのを確認してからしっかり水やりをしてください。

冬の水やり

生育期間中は冬をはさみますが、冬も土が乾いているようであれば水やりを忘れずに行います。乾燥させると枯れやすくなります。

スイートバイオレットの葉や花の収穫

葉は生育のよい時期であればいつでも収穫可能です。花は開花期間中に収穫をします。

注意点として、スイートバイオレットは種と根に毒があるので、収穫は花びらと葉だけにしておきましょう。

花は午前中の早い時間帯にすると、より良い香りを楽しめますよ。

花がら摘みはこまめに

収穫せずに咲き終わった花も、こまめに摘み取っておきましょう。

種を作ろうとして株の栄養を奪ってしまうので、花がら摘みをこまめにしておくと長く開花させることができます。

スイートバイオレットの株の増やし方

スイートバイオレット(ニオイスミレ)は株分けで増やすことができます。

春と秋の時期に、株を掘り起こすと茎が横にのびて根が生えているので、根を切らないようにしながら株を切り分けてください。

定期的に株分けをして、新しく育てなおしたほうが枯れずによく育ちます。

スイートバイオレットの香りを楽しもう

スイートバイオレットの香りを楽しもう

花は収穫して砂糖漬けにすれば、紅茶などに入れて楽しめますよ。ちょっと優雅なティータイムになりそうですよね。

一見花が小さくてひっそりとした印象ですが、花はとても香りが強い植物です。土が乾燥しないように気をつけながら、定期的に液肥を与えると丈夫で花付きもよく育ちます。

冬の定番のパンジーやビオラはちょっと飽きてきた、という方はスイートバイオレットを育てると新鮮かもしれないですね。

というわけで以上、スイートバイオレット(ニオイスミレ)の育て方についてでした。

2018年5月28日 ハーブの育て方