チャイブはユリ科の多年草で、別名エゾネギ、シブレットと呼ばれています。チャイブは香りもよく、葉は料理に、花はポプリなど色々なシーンで活用できる便利なハーブですよ。

そんなチャイブの育て方や気をつけたいポイントについて、この記事でご説明します。

チャイブの特徴について

チャイブの特徴について

チャイブは日本やヨーロッパに分布する植物で、草丈は30cmほどまで成長します。

同じユリ科の仲間であるネギやニラに似て、細長く鮮やかなグリーンの葉を伸ばします。

花はネギボウズのような、ふさふさとした丸い形状をしています。

風味はネギやニラに比べると臭みが少なく、マイルドで食べやすいハーブです。ビタミンや鉄分などの栄養もあるので、体に良いハーブですよ。寒さにも強く丈夫なので、地植えでも育てられます。

スポンサーリンク

チャイブの育て方スケジュール

チャイブは春と秋に種まき・植え付けをして、初夏の時期に花が咲きます。

葉の収穫は、冬の休眠時期をのぞけば定期的に収穫が可能です。早く収穫したいという場合は、種からではなくポット苗を購入して育てたほうが時短になるので簡単です。

種まき 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
植え付け 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
収穫 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

チャイブがよく育つ土の性質

チャイブは酸性の土を嫌い、水持ちの良い土を好みます。

地植えの場合

植え付けの2週間前に苦土石灰をまぜて酸度を中和させます。そのあと腐葉土と堆肥を混ぜて、土を肥やし水はけをよくしてください。

鉢植えの場合

自分で土を作る場合は、赤玉土6:腐葉土2:堆肥2の配合の培養土を作りましょう。苦土石灰もひとつまみ混ぜておくとなお良いです。

市販されているハーブ用の土を使っても構いません。

チャイブに必要な肥料

チャイブは苗を植え付ける時に、元肥として緩効性肥料を土に混ぜておきます。

生育期間中は月に1回〜2回ほど液肥を与えるとよく育ちます。

チャイブの基本的な育て方

チャイブの発芽温度

15度〜20度

チャイブの種まき

プランターや鉢にばらけるように種まきをしたら、ごく薄く土をかぶせて上から軽くおさえて種が動かないようにします。

光を好む種なので、明るい場所で乾燥しないように定期的に水やりをしながら発芽させます。

間引きをしながら丈夫で生育が良いものを残し、草丈がある程度伸びたら庭や鉢植えに定植できます。

苗の植え付け、間隔

間隔は15cm〜20cmほどあけておけば大丈夫です。

ポット苗を植え付ける時は、根鉢を軽くほぐしてから植え付けます。

チャイブを育てるのに適した場所

夏の暑さには強くないので、基本的に半日陰〜明るい日陰で育ててください。

乾燥に弱いので、日当たりがよすぎると枯れやすくなります。

チャイブの水やりの頻度

植え付け直後はしっかり水やりをしてください。

地植えの場合

地植えの場合、基本的には雨の水分で育てますが、乾燥に弱いので気温の高い時期は状況に応じて水やりをします。朝か夕方の涼しい時間帯の水やりがおすすめです。

プランター・植木鉢の場合

プランターや植木鉢の場合は土が乾燥しやすくなっているので、土の表面が乾いているのを確認してからしっかり水やりをしてください。

水切れは枯れる原因になるので、こまめに土の状態をチェックしましょう。

チャイブの冬越し

冬は地上部は枯れることが多いですが、株自体がだめになったわけではないので控えめに水やりをして管理します。冬も土を乾燥させないようにしましょう。

寒さが厳しい地域の場合は、株元にマルチングをしておくと寒さ予防になります。

寒さには比較的強い植物なので、あまり意識しなくても大丈夫です。

チャイブの収穫の方法

チャイブはネギの収穫のように、30cmほどの長さまで大きく育ったら収穫できます。根元を5cmほど残して、ばっかり刈り取ってください。

他のハーブと同様に花が咲いてしまうと葉が固くなるので、花が咲く時期はつぼみの段階で収穫しましょう。

チャイブの増やし方

チャイブを増やしたい時は株分けをすることで株を増やせます。大きくなりすぎた時なども株分けをすれば、大きさを調節できます。

春と秋の時期に掘り起こしたら、一株に5本ほど葉が残る状態で根元から切り分けます。乾燥に弱いため、株を切り分けたらすぐに植え直しましょう。

マイルドな風味のチャイブを料理に活用しよう

チャイブはネギの代わりのようなイメージで、炒め物やスープなど好きな料理にどんどん使えます。クリームチーズに細かく刻んだチャイブと塩コショウを混ぜて、パンに塗って食べたりといった使い方もありますよ。

ネギやニラがちょっと苦手な方でも、マイルドな風味のチャイブであればおいしく食べられるかもしれないですね。

適度な明るさがあれば丈夫に育つハーブなので、ぜひ一度育ててみてはいかがでしょうか。

2018年5月30日 ハーブの育て方