フェンネルはセリ科の多年草で、別名スイートフェンネルと呼ばれています。葉に香りがあり、主に料理に使われているハーブの一種です。

そんなフェンネルの育て方や気をつけたいポイントについて、この記事でご説明します。

フェンネルの特徴について

フェンネルは1mほどの高さになり幅もあるため、大きく育つハーブです。糸のように細くふさふさとした葉が密集していて、風になびく姿が個性的です。

ハーブとして利用する時は、葉や茎・種を収穫してハーブティーや料理などに使えます。

夏になると伸びた茎に小さな黄色い花をつけ、線香花火のように放射状に広がっていくつも花を咲かせます。

フェンネルとディルの違い

ディルという見た目がよく似た植物がありますが、フェンネルとディルは違う植物です。一番わかりやすい違いは、フェンネルは株元の茎の部分がセロリのように太くなっています。またフェンネルのほうがディルよりも草丈が高いです。

スポンサーリンク

フェンネルの育て方スケジュール

フェンネルは種からでも育てやすい植物です。種まきは春の時期に行い、植え付けは春か秋の2回可能です。

夏の期間に花を咲かせ、春から夏の終わりにかけてよく育つ時期に葉や茎を収穫します。

種まき 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
植え付け 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
収穫 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

フェンネルがよく育つ土の性質

フェンネルは酸性の土を嫌い、水はけがよく、肥えた土を好みます。

地植えの場合

植え付けの2週間前に苦土石灰を混ぜて、酸度を中和しておきます。そのあと腐葉土や堆肥を混ぜて肥えた土にしておきます。堆肥は牛糞や油粕がおすすめです。

鉢植えの場合

自分で土を作る場合は、赤玉土6:腐葉土2:堆肥2の配合の培養土を作りましょう。鉢植えは土の量が少ないので、苦土石灰は土の表面に薄くまいて混ぜておきます。

フェンネルに必要な肥料

フェンネルは苗を植え付ける時に、元肥として緩効性肥料を土に混ぜておきます。

追肥は春と秋に1回ずつ液肥を与えれば大丈夫です。

フェンネルの基本的な育て方

フェンネルの基本的な育て方

フェンネルの発芽温度

15度〜20度

フェンネルの種まき

フェンネルは移植を嫌うので、できるだけ根が傷つかないように育てる必要があるため、直まきかポットまきがおすすめです。

直播きの場合は、点まきにして1cm〜2cmほどの穴に数粒ずつ種をまいて土をかぶせます。芽が出たら丈夫なものだけを1つずつ残して育ててください。種から育てる時もそれぞれの間隔を60cmほどあけておきます。

ポットまきの場合も、指で穴をあけて数粒の種をまき、発芽したら丈夫なものを1つ残して育ててください。本葉の数が増えて、根が張ってきたら定植させます。

苗の植え付け、間隔

大きく育つハーブなので、苗を購入して地植えにする場合は種から育てる時と同じく60cmほど広く間隔をあけて育てます。根鉢は崩さずにやさしく植え付けましょう。

鉢植えにする時も、大きめで深さのあるものを選びよく根が張るようにします。

水やりの頻度

乾燥ぎみに育てます。

地植えの場合は水やりは必要ありません。夏の時期だけは乾燥しやすいので、補助的に水やりをしてください。

鉢植えの場合は土が乾いているのを確認してから、涼しい時間帯に水やりをします。

寒い時期は地上部が枯れてしまいますが根は生きているので、控えめに水やりをしてください。

花がら摘み

花が咲き終わったら花茎を摘み取っておきましょう。

種を収穫したい時は咲き終わった花が枯れるまでそのままにしておくと種が収穫できます。こぼれ種で増えるほど繁殖力があります。

剪定・切り戻し

株を長く育てたい場合は、花が咲く前に花茎を切り戻して短くしたほうが株が弱りにくく、やわらかい状態の葉が収穫できます。

フェンネルを育てる場所

フェンネルは日当たりの良い場所で育てます。草丈が高くなってきたら、支柱を立てて倒れないようにします。

冬は株元に腐葉土やワラでマルチングをします。

フェンネルの収穫

よく育った株は暖かい時期であればいつでも収穫できます。

必要な分だけ葉や茎を収穫して使ってください。株が込み入った時も収穫をかねて部分的に切り取っておくと、株全体の風通しと日当たりがよくなり丈夫に育ちます。

また種も乾燥させればハーブとして使用することが可能です。

フェンネルは魚料理によくあうハーブ

フェンネルは甘い香りが特徴的で、葉や種は魚の臭みを消したり、香りづけとしてよく使われているハーブです。また茎は食用としてスープなどに使えます。

フェンネルには食欲を抑制し、胃腸の働きを助ける効果もあるので女性に嬉しいハーブといえますね。

お料理の香りづけなどに、ぜひフェンネルを育ててみてはいかがでしょうか。

2018年6月3日 ハーブの育て方