球根から育てることができる球根植物は種から育てる植物よりも植え付けもしやすく、花が咲くまで植え替える必要もないため園芸ビギナーの方にもおすすめです。

この記事では秋に植え付けて、翌年の春に花を咲かせるおすすめの球根植物を5つご紹介します。

チューリップ

チューリップ

球根植物の代表的な花であるチューリップは初心者の方でも育てられるおすすめの球根植物です。

寒さにしっかり当てることで花を咲かせるので、暖かい場所で育てず、寒い環境で冬越しさせることがうまく育てるコツです。

他の植物と組み合わせて育てても良いですが、花が咲くまではチューリップの葉にしっかり日光が当たるようにしましょう。日当たりが悪いと茎が伸びなかったり、花付きが悪くなります。

チューリップの育て方。植え付け時期・水やりは?球根の掘り上げ方は?

スポンサーリンク

アネモネ

アネモネ

球根は小さめですが、切れ込みの入った葉が茂って伸びた茎の先に大きな花を咲かせるアネモネはチューリップと同じ時期に咲く人気の高い球根植物です。

球根の植え付ける方向が決まっているので、植え付けの時はその点に気をつけます。また、そのまま植え付けるのではなく湿った水苔などに包んで少しずつ吸水させてから植え付けると球根が腐れにくいですよ。

アネモネの育て方。球根の植え付け・水やり・肥料・掘り上げの方法。

ヒヤシンス

ヒヤシンス

ヒヤシンスは地植えや鉢植え以外にも、水栽培といって土ではなく水だけで室内で育てることもできる球根植物です。

根が育ち茎や葉が伸びる様子を寒い時期に室内で楽しむことができます。

ヒヤシンスは花の香りが強いので、室内で育てれば香りが部屋いっぱいに広がります。

ヒヤシンスの育て方。植え付け・掘り上げの時期は?水栽培の方法は?

ムスカリ

ムスカリ

茎の先に小さくつぶつぶとした花をいくつもつけるムスカリは、他の球根植物とは違い少し個性的でユニークな見た目が特徴的。

特に青いムスカリは色も綺麗なので、春の季節によく映えますよ。

コンパクトな草姿なので、鉢植えで他の植物と寄せ植えにするのがおすすめです。

ムスカリの育て方。球根の植え付け時期・方法は?花後の管理や掘り上げについて。

フリージア

フリージア

伸びた茎の先に穂状に花を咲かせるフリージアは、ヒヤシンスと同じく香りが良い特徴があります。

花色が多いので、たくさん植えてカラフルに育てると綺麗な景観を楽しめます。切り花としても楽しめるので、春に向けてぜひ育てておきたい球根植物ですね。

フリージアの育て方。球根の植え付け・掘り上げ・管理の方法と花がら摘みについて。

管理も簡単な春の球根植物を楽しもう

管理も簡単な球根植物を楽しもう

秋に植え付ける球根植物は、植え付け方さえ間違えなければ過湿に気をつけながら適度に水やりをする程度なので冬から春にかけて管理も簡単です。地植えの場合は水やりも基本的に必要ありません。

なのでガーデニング初心者の方は、今回ご紹介した球根植物は育てやすいのでおすすめです!

最近は同じ花でも品種が豊富なので、色や形など様々なものがあります。自分の好きな見た目のものを見つけて育てれば春に花が咲くのがより待ち遠しくなりますよ。

まだ育てたことがない方はぜひ球根植物にチャレンジしてみてくださいね。

テーマ別まとめ